Newsお知らせ

妙安寺:御朱印(1月)

2024/01/06

初春のみぎり、新春のお喜びを申し上げます。

平素は多大なご高配をいただき、厚く感謝致します。

年が改まり、厳しい寒さの中にも清々しさが感じられますが、お変わりございませんでしょうか。

本日は弊社の提携寺院でもあり、日頃からお世話になっております

西尾市上永良町の妙安寺さんに伺わせて頂きました。

此度は日頃のご挨拶に併せて1月上旬にお願いをしておりました

御朱印を頂戴しに参りました。

『龍 -開運招福-

1月の御朱印は上記デザインを選ばせて頂きました。

2024年は干支は『たつ年』

この「たつ」には「辰・龍・竜」といった違う漢字の表し方がございます。

「辰・龍・竜」の違いを一言で述べると次のようになります。

・「辰」は「十二支の一つで十二支の五番目」

もともとは草木の形が整った状態という意味を表していたそうです。

・「龍」は「想像上の動物で蛇状の体に鱗、四足と角、髭があるドラゴン」

空を飛んで雲や雨を起こしたり稲妻を放つなど、神話や伝説に出てくる有名な動物です。

・「竜」は「龍を簡単にした字」

「辰・龍・竜」と3つの表し方がある「たつ」ですが、その中でも干支の「たつ年」は「辰」です。

もとは龍の意味ではなかった字ですが、あとから十二支の動物が当てはめられたのではないかと言われています。

辰年は昇り竜のように活気に溢れる景気の良い年と言われています。

そして2024年は「甲(きのえたつ)」です。

「甲」は十干の最初の文字であり、物事の始まりを意味しています。

この「甲」と「辰」が合わさる今年は、勢いよく活気あふれる年、上昇の勢いがあり成長していく年、と言われています。

2024年は努力してきたことが大きな成果となって得られるような、勢いや成長の感じられる年にしたいですね。

相変わらずの寒さで 小雪舞う寒空を眺めつつ、

ひたすらに春の訪れを待ち、皆様方のご健勝とご多幸をお祈り致します。

Page Top
電話をかける 資料請求 お見積もり